期末テストで結果の出る子の特徴(対策で生徒達を見てわかった)

期末テストが近いため、GIFTでも全校舎『期末テスト対策』真っ只中です。

 

ここ2週間近く期末対策でほぼほぼ毎日通塾となっています。細かい工夫は各校舎各クラスで様々実施していますが、大枠は「学校のワークを完璧にすること」に集中します。

 

学校ワークから期末テストの問題が多く出題されますから、これを徹底していくのは当然でしょう。

 

こうして期末対策で、学校ワークに取り組んでいくのですが、やはりトップレベルの子は最初からして違うなぁ、と思ったのでその学習姿勢を紹介します。

 

トップレベルの子の学校ワークの取り組み方がスゴイ

 

GIFTの期末対策で学校ワークに取り組む場合、いきなり解いてもらうこともありますが、難しい単元であったり、クラスによっては、復習時間を設けてからワークの問題を解いていくこともあります。

 

普段の期末が450点オーバーしている子は、この復習タイムが不要なんですよね。

 

どの単元でもいきなり学校ワークを解き始めて、正答率もかなり高いですね。

 

(じゃあ、学校ワークはもうやらなくてもいいのでは!?とはならなくて、450点オーバーはここの完成度がモノを言いますので、やり込みます)

 

ただし!こんなに対策初期から完成度が高いのには理由もあって・・・

 

GIFTは、普段の塾での演習日に学校ワークを解いて解説受けて間違えた問題をやり直ししてますから、できる子にとっては、対策の始まりがほぼ最終チェックみたいになっています。

 

トップレベルでなくとも、学校ワークの完成度はまずまず高い

 

GIFT生は、全員、普段から塾で学校ワーク取り組んでるんです。この取り組みは、まず解いて、間違えた問題を解き直して(知識はまとめたりして)一人ひとりを講師がチェックしてますから、1人で家でやるより何倍も効果がある取り組み方をしています。以下参考記事です。

 

期末前は学校ワーク集中するけど普段もやった方が絶対点数上がりますよね?

 

だから、GIFT生はみんな、現在の学力レベルに関わらず、学校ワークの内容をまずまず覚えているんですよね。これは期末勉強に対して、とても大きなアドバンテージです。

 

その証拠に、最近入塾してくれた子達の学校ワークの出来がまだまだ甘いです。入塾前の単元を塾の授業で見ていなかったので、完成度が低いんですね(1人でやり直す場合、赤で正しい答えを書くだけで、理解していないことが多い)

 

最後は期末本番を想定した実践問題で仕上げましょう

 

GIFTの期末対策は、実は超ハードでして(笑)直前の土日は、8時間ずつやってます。ここで期末本番を想定した実践問題に取り組むことが多いです。

 

学校ワークは内容的にはいいのですが、単元ごとに綺麗に並んでしまっていますし、期末本番のような形式ではないので、本番を想定した実践問題もやった方がいいでしょうね。

 

最初にも書きましたが、これ以外に様々な工夫をクラスごとに施して期末対策をしています。

 

今日明日と対策を頑張って、期末本番に備えましょう。

 

そうそう、何度かこちらでも書いていますが、期末対策中は募集を停止しています。理由は以前記事にしました。

 

h29年度1学期の期末テスト対策開始!新規生徒募集を一時ストップします

 

期末が終わりましたら、募集再開しますので「なんか期末勉強の仕方間違ってる気がする・・・」とお悩みのご家庭、ご相談お待ちしております。