塾の授業時間が長い?学校の宿題はいつやるのか?

どうも、GIFT塾長です。今日は塾の時間の話。

 

みなさん、塾に通っていると、その日は塾の授業だけでいっぱいいっぱいですよね。

 

それなら・・・その日に出た『学校の宿題や課題』はどうするのでしょうか!?

 

実は、保護者の方から上記のような相談を結構多くいただきます。今回は、塾で忙しくなってしまって学校の課題や宿題が終わらない人向けに、その解決方法を説明したいと思います。

 

さらに頑張りまくって深夜や早朝に取り組む!?

 

学校で部活を終えてから帰ってくると急いでご飯を食べて、塾に行きます。それで塾が終わるともう22時とかですよね。帰って来てから休憩してお風呂入って・・・23時とか24時なんてこともあるでしょう。そこから学校の宿題をやる子もいます。早朝に起きてやる子もいるかもしれませんね。

 

しかし、まぁ、大変ですよ。

 

これプラスさらに塾の宿題もあったりしますからね。

 

頑張ることは大切ですが、睡眠時間を削り過ぎたり、過度のストレスがあったりすれば、お子さんの健やかな成長に対しても心配が出てきます。

 

と言うことで、この方法は書いてはみたものの、オススメはしません(笑)

 

勉強の指導者は生徒の生活をトータルで考えて本当に効果のある学習指導を!

 

学校からの宿題、塾から宿題、全部完璧にやり切れるなら、やり切った方がもちろんいいですよね。

 

しかし、学校でも朝から夕方まで勉強して、さらに夜に塾に行って、それぞれから宿題が出て・・・それって全部しっかりやれているんでしょうか!?!?

 

しっかりやれていないのなら、生活を見直すだけでなく、その課題自体を見直した方がいいかもしれませんよ。どれだけ頑張っても終わりもしないような量の勉強をしているのかもしれません。

 

GIFTではこの課題にいち早く気付いていまして、以下のように対応しています。(中学クラスを例に説明します)

 

● 週3回のうち2回は80分授業・・・塾の前後に学校の宿題に取り組む時間が十分に取れる

● 週3回のうち週末の1回が160分・・・復習のための演習日は160分と長くしましたが、週末なので時間のやりくりが可能(土日の日中に学校の宿題をやったりなど)

● 演習日に塾の宿題相応の内容に取り組む・・・家でやってきてと言う宿題でなく塾で演習に取り組みます

● 演習日に学校のワークを終わらせる・・・学校のワークを塾で取り組むので学校の宿題すら終わったりします

● 期末直前の10日間程度は毎日通塾に・・・やるべきときは徹底してやります

 

お子さんの生活をよくよく見ておられる保護者さんなら、GIFTの指導方法は無理なく効果的な勉強になりそうな期待感を持ってもらえるのではないでしょうか!?

 

1つ1つ理解して解けるようにしていこう!

 

何かに追われて徹底的にやるのもいいんですが(それができたら確かに効果もありますしね)、ただただたくさんの問題に取り組んで、それが雑になってしまって、結局解けるようになっていない!と言うことにならないようにしたいですね。

 

学校の宿題は学校のワークであることが多いと思いますが、これができていないと期末テストも取れませんし、提出しないと内申点も悪くなってしまいますね。

 

勉強とは、みなさんが思っているほど大量のものをどんどんこなしていくのではなくて、1問1問しっかり理解して解けるようにしていくことが本当は近道です。

 

そんなことを考えながら、僕らは指導しています。

 

「塾の日に学校の宿題終わらないんだけど・・・」なんて問題を抱えているご家庭は参考にしてくださいね。