【送別会】就職おめでとう!GIFTの先生は就活に強い!その理由は?

category ブログ

年度末、出会いと別れの時期ですね、どうもGIFT塾長です。

 

2月からどんどんお問い合わせいただいて、去年の4月時よりかなり多い人数で新年度がスタートできそうです。経営者としてはホッとしてます。新たに多くのご家庭との出会いに恵まれました。ありがとうございます。

 

別れと言えば、まずは高3、中3の卒塾ですね。すでに「打ち上げパーティー」を開いて、皆を送り出しました。GIFTの打ち上げパーティーは会費もいらないし(全額塾持ち)、それでいて「教室でささやかに・・・」と言うことはなく、ちゃんと外に食べに行きますので、ここらでも一番派手にやってる気がします(笑)卒塾生の皆さん、楽しんでくれたでしょうか!?

 

別れは生徒とだけでなく、講師ともあるのがこの時期です。4年生や院2年の学生講師達は塾を卒業し4月から社会人として世に出て行きます。それにしても、毎年、みんなしっかりした企業に就職決めていくんですよね。今回はそんなお話です。

 

今年でGIFTを卒業する先生は相当な長い付き合い

 

今年は大学卒業とともに3人がGIFTの学生講師から巣立っていきますが、その中のD君は本当に付き合いが長いです。なんと言っても小2の終わりから塾来て、今は院2年ですからね。

 

小学生の4年間+中学3年間+高校3年間+学生講師6年間=合計16年間

 

いざ計算すると、本当に長い・・・(汗)

 

16年も塾やってるとか・・・GIFTの塾長っておじいさんなの!?と思われそうですが、まだ30代ですからね!!!僕自身は大学3年の20歳のときからこの塾始めてるので、16年経ってもまだ30代なんですよ!!!(笑)

 

なんて話はさておき・・・とにかく講師との付き合いが16年ってスゴイでしょ。

 

なおGIFTの学生講師は原則GIFT出身なので、付き合いが10年以上とかザラです。だから僕らも、講師の子達をかわいがり成長を促すし、逆に彼らも出身塾のために一生懸命やってくれると言う雰囲気は大いにあります。今後、優秀な人材を外部から採用する可能性は十分にありますが、現時点で、社員も学生講師もGIFT出身者で固められているこの現状は、GIFTの大きな特徴になっています。

 

GIFT出身の大学生が就活に強い(気がする、笑)理由は!?

 

うちの学生講師の皆さん、本当に就活に勝ってるイメージしかないんですよね。なぜなのでしょうか?と言うことを考えてみました。

 

僕がいつもいつも気にして伝えているのは「問題が起きたとき、うまくいかないとき、そのままにしないでどうしたら解決できるか考えて行動しよう」と言うことです。

 

塾と言うのは、多くのお子さんが通う場所です。小・中学生なんて子どもだから常識が通じないこともあるし、まったく問題が起きずにスムーズにクラス運営が進み続けると言うことはあまりありません。こんな記事も書いたことありますし

 

塾なんていつでも問題だらけ

 

お子さんが成長しようとしたら、今ある課題を解決して、先に進んでいかないといけません。そういうことが毎日塾内で起きるわけです。つまり多くの生徒達は、初期段階ではたくさん課題を抱えているとも言えますよね。だから塾講師は、様々な課題や問題を一緒に考え指導して、成長を促していくことが非常に大切だと僕は思っています。

 

例えば、授業中に集中できていない生徒がいたとしたら、講師は集中させる方法を考えて実践していくことが求められます。もちろん僕らも一緒に考えて解決方法を探っていきます。大学生のときから、こういう姿勢で仕事できる経験ってあまりないのではないかな?と思うんですよね。この経験をそのまま面接で話してもらえば「この子は能動的に仕事ができるな!」と企業の人にも感じてもらえることでしょう。

 

これがGIFT出身の学生講師のみんなが就活で強い理由なんじゃないかな、と自己分析しています(笑)

 

最後に・・・

 

普通はここで卒業していく3人の今までの活躍を述べて、感謝の気持ちを長々と・・・と言う流れかもしれませんが、塾長のキャラと違うので省略します。そんなこと書いたら、3人にも「塾長どうしたんですか!?気持ち悪いですよ!」と言われそうだし(笑)

 

それでも実は、本当に感謝しています。

 

 

これからも付き合いは続くと思うので、さよならは言いません。社会人になっても大活躍してくださいね!

category ブログ