期末前は学校ワーク集中するけど普段もやった方が絶対点数上がりますよね?

どうも!中1、2年の期末テスト真っ只中のGIFT塾長です。

 

期末テストが近いので、全校舎毎日通塾期間になっています。GIFTは普段の授業が1:6の少人数で講師と生徒のコミュニケーションがしっかり取れているので、こんなにハードな通塾でも、みんな楽しく通ってもらってます。

 

さて、中学生の保護者のみなさん、期末前は何をしたら一番成績アップに効果があるのでしょうか?

 

それは当然『学校のワーク』です。

 

だって、これから一番出題されますからね。普通はこれを一生懸命やるでしょう。しかし、それならね・・・「普段からして学校ワークをしっかりやっておいた方が良いのではないでしょうか?」と言うのが今回のお話です。

 

「学校ワークの重要性」を学年1位の生徒に聞いてみた

 

GIFTは学年1位の子がいても、それ自体を宣伝のようなことはしていません。点数で塾のイメージを作りたくないからです(集団でもない個別でもない新しい指導をしている塾で、それに合う子達に点数に関わらず来てほしい)。しかし、実際には、学年1位の生徒、普通に何人も在籍してます。

 

歴代で見ても何人もいますね。今、関高2年のあの子も中学で1位だったし、関高1年のあの子もそうだし・・・まぁ、それは置いておいて、現在学年1位の中学生の生徒に『学校ワークの重要性』を聞いてみました。

 

すると、やっぱり「本当に学校ワークを極めた方がいい」と力強く語ってくれますよ。

 

点数取れる子ほど、効果のあることに徹底して取り組んでいるのです。

 

GIFTでは普段の授業からして学校のワークに取り組む

 

塾と言うと、塾用の教材を用意しているのが普通みたいになってしまってますが、それより何よりまずは学校ワークを完璧にする方がいいと思います。

 

学校ワークをテキトーにやってわからない問題があるままにして、それより難しく量も多い塾の問題集やるとか、本当に意味があるのでしょうか!?

 

ちょっとこれは本当に考えていただきたい。

 

GIFTでは、塾の普段の演習からして学校ワークを解いてもらっています。これには2つのメリットがありまして

 

(1)学校の宿題も終わる(学校ワークが宿題になることが多い)

(2)期末前にもう一度取り組み完成度が飛躍的に高まる

 

本当に良いことしかありません。

 

学校ワーク以外に塾の問題集などもっともっとたくさん取り組まないとハイレベルな問題に対応できないと言う主張に対して

 

これは正直一理あります。確かに簡単な問題ばかりやっていては、難しい問題が解けないこともあります。

 

しかし!!!

 

学校ワークの基礎的な問題すらテキトーにやっているのに、難しい問題だけ練習していて、難問が解けるようになるのでしょうか?絶対無理ですよね。だから学校ワーク以外をやるなとは言ってません。まずは学校ワークを完璧にして、その上でさらにハイレベルな問題に取り組んだらいいじゃないですか。ただその話は、保護者のみなさんが思うよりも、相当に想像を絶する上のレベルの子達の話です。(学校ワークが簡単すぎてつまらない&やる必要ないとか、そういうレベルです)

 

● 200点を300点にしたいとか

● 300点を400点にしたいとか

● 400点を450点以上にしたいとか

 

これはもう全部学校のワーク完璧コースに決まってるでしょう!!!

 

なぜ学校ワークが完璧でないのに、他の塾教材とかやるのでしょうか?それって消化不良で点数下がるくらいの話です(汗)

 

【おまけ補足】なお、GIFTでは中3になれば受験対策もありますし、岐阜新聞テストや高校入試にもしっかり対応します。高校クラスもあるので、ハイレベルな対応もご安心ください。

 

さて保護者のみなさん、お子さんがやる気を持って効果的な取り組みをするためには、まずは今やっている問題集を見直してくださいね。期末テストは結果の出る方法で勉強しましょう。