【現小6向け】新中1準備講座のお知らせ(2018)

GIFTでは小6の生徒さん向けに新中1準備講座を準備しています。

 

● 2/5の週からスタートして、週2回ペース(1回80分)

● 指導内容は中1の1学期で習う英数の先取り

● 費用は月謝10,000円(税抜)

● 最初の2回は無料体験

 

これを受講してもらえば、小6を卒業する頃には、中1の1学期期末テストが解けるようになるところまでやります。今回はこの講座について詳細説明します。

 

英語はアルファベットから始まり英単語の覚え方まで指導

 

中学の途中で入塾してくるお子さんで、英語がものすごく苦手になってしまってる場合、アルファベットやローマ字が完璧でないと言うことが原因であることも多いです。フォニックスまでいかなくとも、単語の発音からある程度英単語の形が連想できるくらいにはならないと、いくら英単語を練習しても覚えられないのですね。

 

簡単な具体例で言うと・・・

 

アップル→「アだからaでプだからpとか使うよね?ルはrかlか」

 

くらいは連想できないとダメと言うことです。これを「エーピーピーエルイー」とか覚えている子、結構いるんですよね。そんな暗号みたいなアルファベットの羅列は覚えられないので、アルファベットとローマ字の音から連想できるようにならないといけませんよね。GIFTでは、これを身につけるための練習プリントも用意しています。

 

数学は間違いを見つめ正しい答えが出せるまでやり直す姿勢を身につける

 

中1の1学期の数学内容は計算です。計算はただの反復練習みたいになってしまうことがあるのですが、これがいけないんですね。

 

どこをどう間違えたか?どんな計算のルールを知らなかったから間違えたのか?→覚えるべき理解するべきルールを完璧にする

 

こういう手順の「やり直し」が必要なんですよ。何回も同じところで間違える子っていますよね。本人は「ミス」と言いますが、実際のところ「どうしたら間違うのか?」を考えていないから繰り返すのです。GIFTでは、間違えた問題をやり直ししてすべてを講師がチェックしていきます。

 

ただの先取りでなく中学レベルに対応できるよう取り組み方を身に付けてもらう

 

上で紹介した英数の指導以外にもいろいろ用意していますが、GIFTの新中1準備講座が重視しているのは「この小6の時期にただ新しいところを教えると言うだけでなく、中学進学後に通用する正しい勉強の取り組み方を教える」ことです。

 

ちょっと普通の塾さんとは違いますよ(ちょっとと言うか「かなり」違うかな、笑)

 

この指導を支えるのは『1クラスを6名までに限定した少人数授業』です。小6のうちに中1の新しい内容を習うので、みんなどんどん勘違いしたり間違えたりします。だからこそ、教えるときや問題を解いてもらってるとき、生徒達がどんなふうに取り組んでいるか?こちらもじっくり見ないといけないのです。

 

この最初の重要な時期に、間違った方向に勉強が進んでしまうと、後からの直すのはものすごく大変です。

 

あと、塾には楽しく来てほしいですね。しっかりやるときはやりますよ?でも、ずーーーっとピリピリした雰囲気ではやりたくない。少人数で生徒のみんなの話もしっかり聞きながら、十分にコミュニケーションしながら授業をしたいと思っています。

 

GIFTは、学年1位も何名か在籍していますし、この塾の指導に合ってる子はみんなガツンと上がってますので、どうぞ安心してお子さんをお預けください。

 

以上、新中1準備講座のお知らせでした。来週から始まりますので、お問い合わせは早めにお願いします。