中3期末対策実施中!本当にしっかりやれるようになったなぁ・・・

中3の期末対策真っ只中のGIFT塾長です。

 

東中だけはテスト早かったので、対策をすでに終えてもう期末本番です。その他の学校は来週に期末テストなので、全力指導中です。

 

GIFTの期末対策は、ほぼ2週間前から連日の通塾になり、直前の土日は各8時間ほどの長丁場。ただ問題解くだけでなく、必要な基礎事項の暗記テストしたり、学校ワークを完成させたりと、各クラス一番効果があると思われる対策を実施しています。

 

今、どの校舎からも「中3が本当にしっかり期末の対策ができるようになりました」と言う報告が上がっています。今日はこのことについて書こうと思います。

 

最初はみんなおかしな勉強をしたり集中できなかったり・・・(汗)

 

一部の子は最初から優秀だったりしますが、だいたいの子が完璧ではない状態で塾に来てくれますよね。ようするに、ちょっとダメな勉強のやり方になっているわけです。

 

いくつか列挙すると・・・

 

● 授業で説明を聞いていない

● 説明されたときに理解する気が弱い

● ノートに写しただけで覚えてない

● 間違えた問題を赤で書き直したけど解けるようになっていない

● そもそも答えを写して宿題終わり!

 

こんな感じの勉強をしている子は多いですね。悪気のない子もいます。つまりは結果の出る勉強の仕方自体がわかっていないと言う感じですね。

 

塾のシステムと講師の引っ張る力で生徒達をぐんぐん引き上げていく

 

これらの課題については、塾は様々アプローチして解決していかけなければなりません。

 

GIFTでは「1クラスを1:6の少人数」にしてるので、生徒達に絶えず問いかけ考えさせて、集団授業の何倍も中身の濃い参加型の授業を行うようにしています。いくらわかりやすい説明でも、一方的に説明を受ける授業では、これからの時代に必要な力が身につかないのではないでしょうか?

 

生徒自身の頭がで考える機会が必要だと思います。

 

演習の取り組み方もしっかりと確認して、やり方が間違っていれば、的確に注意していくことです。このやり方やこの態度ではすぐに注意入るんだなと言うのが生徒の中で学習姿勢の基準を作っていきます。間違っていれば注意されて正される、これを繰り返していくことで、しっかりした勉強のやり方が身につくのですね。とにかく各生徒の様子をしっかり見切れることが現代の塾には求められています。

 

演習は自力で解けるようになるまでやり込むのが基本なので、答えを見てやったり、間違えた問題をそのままにすると言うことはもっての他です。しかし「自分で家でやっておけよ」と言うだけでは、やっぱりできるようにならないので、GIFTでは塾で演習日に講師が確認してきました。

 

これを続けていくと、中3にもなれば、だいたいの子がGIFTらしい勉強方法に取り組めるようになりますね。それが今年も起きているのだと思います。

 

正しい勉強方法と学習姿勢は早くから身につける!

 

正しい勉強方法と学習姿勢は早めに身につけた方が後が楽です。

 

特に多くの小学生は間違った勉強方法で取り組みがちなので、早めにそれを直してあげたいなぁ、常々と思っています。

 

例としては・・・

 

● 漢字ドリルをノートに写して覚えてはいない

● 計算ドリル間違えた問題を赤で書き直しておしまい

 

どうでしょうか!?先ほど上に書いたものと同じですよね(笑)だから小学生のときから『意味があって効果のある学習の取り組み方』をうるさく言って教えていった方がいいわけです。その後の伸びが全然違います。

 

GIFTの小6クラスは2月から中1の先取りに入りますから、塾のお考えのご家庭は、遅くともそこからは入塾して頑張ってほしいと思います。中1の準備講座については、まだチラシやポスティングもしてないのですが、話のついでに、こちらで先行的に宣伝させてもらいました(笑)

 

さて、中3の話に戻りますが・・・、よく頑張ってやれるようになってきたと思います。暗記も勝手にやれるようになっているし、間違えた問題も直しをやるのが当たり前になっています。インフルエンザが流行りすぎて心配ではありますが、最後の期末テスト、しっかり頑張ってもらって結果を出して欲しいと思います。