GIFT(美濃加茂西校、東校、富加校)かにさんくらぶに掲載!

期末テストが終わり、いよいよ冬期講習ですね!

 

GIFTでも期末対策中は一時ストップしていた募集を再開して、各校舎、徐々に体験生が来てくれています。今回は、地元情報誌『かにさんくらぶ』に掲載した広告の紹介です。情報誌には文字数の制限がありますので、書ききれなかった部分をブログで補足しようと思います。

 

校舎責任者からのコメントについて

 

紙面の右上に美濃加茂の責任者である井上君の言葉を載せました。実は、これは社員全員で考えたものですので、ほぼ同じ文面を関に入れる情報誌の広告でも使っています。全講師が同じ理念を持って塾運営をするって大切ですよね。

 

ここで言いたかったことは・・・

 

「すべてのGIFTの指導システムは、生徒目線で、生徒がやる気が出ることを元に考えている」

 

と言うことです。

 

勉強は、知らなかったこと知り、解けなかった問題を解けるようにしていくことです。面白いこともありますが、面倒なこともあります。しかし、ただ必要なことだからと意味のないことを押し付けて、それを耐えたら努力と言うのは違うと思っています。今までの教育は「忍耐=努力」がスタンダードでしたから、それを変えていきたいと言う僕らの想いがあります。

 

想うだけでなく、指導と言う形にすること

 

「生徒のため」

 

こんな言葉を言うだけなら簡単です。

 

言うだけでなく、そのために塾が具体的にどんな指導をしていくかが大切だと思います。それが他塾さんとの違いになり、差別化になります。どこの塾でもないGIFTに通いたいと言うご家庭に来てほしいのです。

 

『GIFTの指導の2つの特徴』

 

(1)1:6の少人数授業

(2)宿題を塾の演習日に講師のサポートを受けながら取り組む

 

今まで何度も紹介してきた特徴を、かにさんくらぶで再度紹介させてもらいました。授業が少人数で参加型なら、退屈もしないし、わからないまま授業を終えることもありません。宿題も塾で時間を取って取り組めば、宿題忘れも存在しないし確実な学習成果となって現れます。

 

僕は、普通に考えて、この方が今までの古い指導方法より生徒達はやる気が出ると思うわけです。そして、そう感じてくれているご家庭が通ってくれています。

 

と言うわけで、定員クラスも多々ありますが、冬期講習に向けて生徒募集しております。この冬で今までと違う指導を受けたいとお考えのご家庭は、このHPのお問い合わせいただくか、各校舎にお電話ください。お待ちしております。