勉強は何のためにするんだろう?みんな自分の頭で一度しっかり考えた方がいいよ

どうも、先日、生徒と話していてショッキングな出来事があった塾長です。

 

GIFTは1:6の少人数授業なので、対話をしながら授業が進みます。生徒の疑問に答えながら、こちらからもいろいろな角度の質問を投げかけて、生徒自身の頭で考えてもらうようにしています。ある日の授業もいい感じで進んでいて、ふとした学習内容からふいに

 

「そう言えば、みんなはなんで勉強してるのかな?」

 

と聞いたところ・・・

 

ある生徒はこう答えました。

 

『義務です』

 

さて、みなさん、これについてどう思うでしょう?

 

小中学校は確かに義務教育だけど

 

確かに小中学生は義務教育を受けています。だからと言って「義務で勉強している」なんて言うと、本当に嫌々やってるみたいですよね。なんですが、実際、多くの子ども達が嫌々勉強しています。

 

ただし、「多少勉強が嫌」と思うことは全然問題ありません。なぜなら勉強は少し難しいものだから。何もせずに簡単にできてしまったら新しいこと学んでないってことですよ。だから少し手を焼きながらやればいいのです。少し「面倒だな」「ちょっと難しくてやる気しないな」と思いながら、でもやるわけですね。

 

一方「過度に嫌」と言うのはよろしくないですね。それが塾の環境から来ているのなら、かなりのマイナスです。これは別にGIFTなら最高の環境になると言う意味ではなくて、みなさん、それぞれ自分に合った学習環境を選んで(つまりは塾を選んで)学ぶことが大切です。

 

だから、保護者の方は、お子さんに合った学習環境を準備しつつ「それ以上逃げるのはあなたのワガママなんじゃない?」と言うスタンスが良いと思います。

 

そして、生徒のみんなは「勉強嫌だなぁ」と少しなら感じてもいいから、そんな中でも「勉強できるようになったら自分が得する!」と前向きにやるのがポイントです。

 

勉強する理由を自分で考えてみよう

 

勉強が義務なんて言ってるうちは、人に言われてやっているだけですね。それはやる気が出るわけがないし、なかなか成績も上がりません。

 

多くの子が

 

「なんで勉強するんですか?」

 

と聞いてきますが、それに僕が答えるとしたら、答えはすべて僕の理由です。みんなが同じ理由でやる気が出るかはわかりません。(自分の場合は、として話してあげることはあります)

 

小中学生にいつも話すのは、今からなら何でもなれるんだよ』と言うことです。将来の仕事が選べるわけです。別に勉強して全員が医者や弁護士になれとかそういうことではないですよ。他にもいろいろその子に合った仕事があるでしょう。そういうの探しながら、勉強していったら面白いと思うのですが。将来大人になるのも楽しみですよね。

 

正しい方法、成績が上がりやすい方法、こういうことは塾がしっかり準備します。一方で勉強する理由は、生徒のみんなが毎日毎日自分で考えるといいですよ。僕も中3のときに自分なりの理由を見つけて、急に400点超して、今がありますから。

 

みなさん、勉強できたら自分が得すると思って勉強しましょうね。全然今までとは違うやる気が出て、成績もどんどん上がります。僕らは勉強のやり方だけでなく、そんな考え方も生徒に伝えていきたいと思います。