高3がこの時期に増えている件(関高生&加茂高生)

いよいよセンター試験が近づいてきてるなと感じます。どうも、塾長です。

 

GIFTの高校クラスは、関校で関高生、美濃加茂東校で加茂高生を指導しています。

 

この両校舎に夏休み明けから高3生が増えているんですね。正直「今からの入塾はちょっと遅くないか?」と思うこともありますが、塾生の紹介だったり、昔の生徒の兄弟生だったりで、なんだかんだと面談してからお互い納得の上、入塾してもらっています。

 

しかし、僕らも、何も策がなくテキトーに受け入れているわけではありません。今日はそんなお話です。

 

逆転合格目指すなら、ギリギリまで基礎を完璧に!

基本的な方針は、以前書いたブログの通りです。

 

【関高校】高校3はまだ基礎徹底した方がいい子が多いよ【加茂高校】

 

もう少し具体的に言うとしたら、英語を例にしまして・・・

 

● 今から11月中旬までに英単語1200個完璧+英文法基礎完璧

● 11月中旬から11月末までに英文解釈の某例文◯◯個を文構造理解しながらスラスラ和訳できるまで特訓

● 12月中にマーク演習(GIFT式のやり直しを徹底)

 

と言う感じになるでしょうか。これはかなり綿密に計画しても、恐らく若干遅れていきます。最大でも12月中旬にはマーク演習に入る必要があるでしょう。うまくいけば今の点数に関わらず8割は狙える方法だと思います。

 

基礎の完成をどういう方法でやるかも塾の力量

 

基礎と言っても、ただ簡単な問題をやればいいわけではないんですよね。問題を解くと言うより、『問題を解くための知識と考え方』を身につけることが大切です。僕らはこれを基礎と呼んでいます。

 

だから、GIFTでは、基礎を身につけてもらうためには、塾のオリジナル教材を使っています。こうして工夫して、塾生がライバル達を追い越して合格を勝ち取れるようにサポートしていきます。

 

大学入試は、ただただ努力すれば結果が出るものではありません。

 

「どうしたら結果が出るか?」

 

絶えずこの視点を持って正しく取り組むことが成功の秘訣です。社会に出ると、さらにさらにそちらの視点が必要になりますよね?

 

大学入試は、そんな力を養うにも良い機会だと思います。

 

残された時間は少ないのですが、最大限結果が出るよう指導していきたと思います。

 

(※高1、2年のみなさんは、早くから入塾してくださいね、笑)