受験に対して親さんが一番心配していることは!?

さて、中3も徐々に受験勉強モードに切り替わり中です。(高3はさすがにもうとっくになってる)

 

この時期は、親さんから見てお子さんがどれだけ勉強していても心配な気持ちがつきまといます。「この調子の勉強で大丈夫なんだろうか?」なんて、つい考えてしまいますよね。

 

受験勉強において合否は当然大切なんですが、親さんはもっと根源的な部分を心配してみえるのではないかと思っています。今日はそのことについて書きます。

 

当然合格して欲しいのだけど、それ以上に心配することは

 

高校入試は、どんな親さんでも合格して欲しいと思っています。しかし、それ以上に思ってみえることは

 

「今必要なことを必要と思って頑張れるようになって欲しい」

 

と言うことではないでしょうか。

 

僕も親になって思うのですが、自分の子の得意不得意ってなんとなく(いや、むしろかなり正確に)把握できてしまうんです。

 

だから、極端に言うと、例えばもし親さんから見てお子さんが勉強が苦手と思ったら、それでも絶対に難関大学に行けとかは思わないのではないでしょうか?自分に合った仕事について、納得できる人生を歩んで欲しいと願ってみえると思います。

 

一番心配するのは、「この子は、自分のやりたいこと、やるべきことをしっかり考えて、頑張るべきときに頑張れるのだろうか?」と言うところです。ゴールは人それぞれ。そのそれぞれのゴールに向けて、しっかりやれたら、将来社会に出て立派に生きていけると思うのです。

 

勉強が苦手だからもうテキトーでいいと言うのは一番ダメ

 

そんなに勉強得意じゃないし、大学も行かないし、進学校行くわけじゃないし、だから勉強はテキトーにと言うのは、本当にダメですよね。今はとにかく、受験勉強を利用して頑張る姿を見せて欲しいですね。

 

親さんはそれが一番見たいのです。

 

だから、親さんと言うのは、自分の子が将来プロ野球選手になれそうでなくとも、部活やクラブに献身的なフォローしてくれんですね。(塾の送迎もそうです)

 

 

まずは塾内でやることを完璧に

 

一生懸命に頑張るという話になると、家で宿題や特別課題に猛烈に取り組むという話になりますが、最初からそれはハードルが高いです。僕は、まず、塾の授業前後に僕らと相談した課題などを塾でやればいいと思います。

 

こちらの記事も参考にしてください。

 

「やる気を出す」ってもっと簡単なことなんです

 

指導者の元で正しく勉強していけば、正しく成績が上がっていきます。そして自然と家でも自主的に(しかもかなり効果ある)勉強に取り組めるようになります。

 

最後に

 

僕も親になったと言うことで、親さん目線で書いてきましたけど、最後に塾長目線で。

 

長年塾をやっていると、元の才能すら超越して入試を突破をしてしまう子もたくさんいます。親さんの予想や期待をはるかに超えて結果を出してくれる子もいるわけです。

 

勉強って、得意不得意は確実にありますが、苦手でも、正しいやり方で取り組むことで尋常じゃない結果が出ることはよくあります。その可能性はまったく否定しません。僕自身もめちゃくちゃ低い点数から這い上がってきた1人ですから(笑)うちの塾、中学のとき400点切ってたのに、国立大学合格する子、本当に多いですよ。

 

こういう視点も忘れず、かと言って非現実的な大量課題出すだけみたいな指導は避けて、受験に向けて確実で効果のある指導を心がけていきます。