宿題ないのに82点アップして427点に!その理由は?

 

数日前にこんなこと(↓)をつぶやいていた塾長です。

 

 

今日はこのつぶやきを掘り下げて記事にしたいと思います。

 

塾の広告などを見て「どこの塾も何点上がった!とか宣伝してくるけど、それって本当なの?うちの子も同じように上がるの?」と思われたご家庭は、ぜひ参考にしてください。

 

塾の本当の実力を見るなら 「どういう方法で成績を上げたのか?」を見る必要あり

 

成績が上がる子は、真面目に勉強しています。授業をしっかり聞いて、わからないところを質問して、宿題があればしっかりやり、解説を聞いて間違えた問題をやり直して・・・と言うことをきっちりやっているでしょう。

 

しかし、このようなお子さんは、どこの塾さんに通っても上がる可能性が高い!

 

だから、その塾の指導の影響がどれくらいあったのかわかりにくいわけです。

 

GIFTで「点数が上がるとき」はこの方法です

 

今回の期末テスト、多くのGIFT生も劇的アップをしてくれました。100点アップとか何人もいたのですが、今回は、その中から「82点アップして427点になった子」の例を取り上げます。

 

この生徒の勉強の取り組みが、とてもGIFTに合っていたので、GIFTの指導の特徴を説明するには一番よいと思ったからです。

 

この生徒は「勉強はそろそろしっかりやらないかんけど、宿題はやりたくない!」と言う理由でGIFTに入塾しました。確かに僕は宿題出さないとかブログにもよく書いてる(笑)周りの子が塾からの大量宿題に追い立てられているのを見て嫌だなと思ったようです。大量宿題をやったからと言って全員が上がってるわけじゃないですから、そのような気持ちになるのもわからなくもないです(効果のある方法でやらないと量をやっても成果出ません)。

 

GIFTに入る前に、HPなどでいろいろ調べてから来てくれたようです。指導内容に納得して来てくれたんですね(これが大切)。

 

あとは、いつもの話になりますが・・・

 

 ● 1:6の少人数授業で疑問点解消

 ● 演習日に学校ワークの完成

 

これでドーンと来ました。

 

もともと理解力のある子ですが、それでも学校の授業なんかはわからないときがあるそうです。恐らく、わからないと言うより、より深い疑問が出てそれを解消しきれず授業が進んでしまうと言うことではないかと思います。考える力のある子によくある傾向です。だから理解力ある子にも、少人数授業はメリット大なんですね(教科書以上のことを質問できる)。

 

もちろん宿題は出していません。ただし、普通の塾さんが宿題に出すものを塾の演習日にしっかりと取り組みました。やりっぱなしにせず、間違えた問題もやり直しして、講師がチェックです。これで学校ワークの完成度をどんどん高めることができました。

 

期末テストの約2週間前から毎日行われる期末対策もしっかりやってくれました。

 

こうして結果が出たわけですね。

 

点数が上がった理由をしっかり見極めよう

 

GIFTの場合、成績が上がるポイントは以下になります。

 

 ● 少人数授業をしっかり受ける

 ● 演習日に塾のサポートの元、学校ワークを完璧にする

 ● 期末対策に参加する(無料です)

 

この3点が守れるなら、GIFTでお子さんの成績は上がる可能性は非常に高いです。しかし、これくらい普通にできそうじゃないですか?大勢いるところの授業で集中しろと言っているではありません。6人までの少人数授業で集中してね、と言っているのです。大量に宿題を出すからそれを完璧にしろと言っているのではありません。塾の演習日にしっかりやってね、と言っているのです。これは多くのお子さんに再現性があると思いますよ。

 

「それならやれそう!」

「そのやり方の方が絶対効果あるやん!」

 

と言うお子さんの期待感が、やる気につながります。

 

さて、今回紹介した生徒、僕が校舎に見に行ったときは、授業後に残って自習をしていました。「宿題がやりたくない」と言ってGIFTに来たけど、普通にやる気あるじゃん!と思ってしまった(笑)別に勉強をしたくないわけじゃないんですよね。点も400オーバーしましたしね!「意味がありそう」「効果がありそう」と納得すれば、子ども達は前向きに勉強してくれるのです。

 

と言うことで、今回は、GIFTならではの成績アップの手法について説明させてもらいました。夏期講習で塾どうしようかなと迷われているご家庭の参考になれば幸いです。