【GIFT富加校でも下敷き配布】塾長の秘められた想い

オリジナル下敷きを富加校でも配布しました。写真は、授業日でなかったので、6人クラスではなく何クラスかが合同で演習を行っています。

 

今回は、富加校で配布した様子と、僕のひねくれた(?)想いを書きます。

 

今回の色は生徒達に好評です!

 

 

特に中学生は、紫とか結構好きなんですね。これが、気に入らない色だと・・・「塾長、私この色好きじゃない!」と責め立ててくる子も(笑)去年は水色で、普通にお洒落と思ったんだけどな(汗)そうは言っても、みんな普通に使ってくれてましたけどね。

 

僕は、生徒とは、お互いそこまで気を使わず、言いたいこと言い合えるくらいがいいと思ってます。「規律」と言うのがどうにも嫌いで・・・、だから少人数授業にして良かったなと思います。富加校はとても良い雰囲気です。

 

全員同じ意見じゃなくていい

 

 

同じ持ち物で統一すると・・・ちょっと違う考えの人が近寄りがたい雰囲気もありますね。しかし、僕としてはそういう雰囲気にはなって欲しくないと思ってます。

 

そもそも、自分が旧態依然の組織に属するの嫌で、自由な発想で始めた塾です。生徒達もそれぞれの価値観や意見を持って欲しい。

 

塾のゴールは「生徒みんなが楽しく通って、賢くなること」で、これは講師も生徒も同じものを目指しています。そこは同じでも、僕らからの一方的な指示を黙々とこなすようなことにはなって欲しくはないですね。例えば、生徒から「この方がやる気も出るし、効果もありますよ!?」と言う意見があって、本当にそうなら是非取り入れたいくらいです。

 

勉強自体はきっちりやってるのでご心配なく

 

 

規律は(意図的に)厳しくないですが、「理解したのか?」「考えたのか?」については異様に厳しいチェックをする塾です。間違えた問題はやり直して講師のチェックが入ります。頭が良くなるためには、その部分こそ徹底して厳しくするべきと思うのですけどね。

 

「そうそう、そうなんです!」と思ってくれたご家庭、必ずみえると思うので、是非ご相談くださいね。みなさん、塾は、お子さんに合ったところに行きましょう。