中学の期末対策をほぼ2週間毎日&土日は各8時間やって思ったこと

期末対策、昨日までの土日でやりきりましたけど、感想は・・・長い!!!(笑)

 

もちろん「塾の先生あるある」で、この仕事自体は楽しいものですから、あっと言う間でしたけどね。でも、よく考えたら、生徒達もスゴイな、と。土日は各8時間で弁当持ちですからね。(写真は某クラスのお弁当タイムをパシャり)

連日の送迎も合わせて保護者の方も大変だったと思います。ご理解とご協力ありがとうございます。今日は、このようなのハードな期末対策を終えての感想を述べたいと思います。

 

やっぱり楽しい要素がないとハードにはやれない

 

GIFTの期末対策、ハードだと思うのですが、みんな元気に通ってくれます。なんなら楽しんでいる雰囲気すらあります。なお、塾長が勝手に「みんなが楽しく通っている!」と妄想しているだけかもしれませんので、お友達にGIFT生がいたら、実際に感想を聞いてみてください(笑)

 

塾と生徒の関係が良ければ良いほど、必要なことに関してはハードにできるのだと思います。

 

もし嫌な塾だったら、そんなに毎日行けますか???また僕ら講師だって、嫌々来る生徒と毎日接っしていたら・・・かなりメンタルがやられますね(汗)

 

だから、生徒が塾に行くのが嫌ではないと言うのは本当に大切なことだと思います。(もちろんしっかり勉強する塾であることが前提ですが)

 

GIFTで生徒が嫌がらずに毎日の対策に通える理由

 

生徒が嫌がらずに塾に通ってくれる理由を考えてみたいと思います。

 

 ● 普段1クラス6名までの授業のため講師と生徒のコミュニケーションがよくできている

 ● 同じ中学の同じレベルでクラス編成するので仲間と頑張る感がある

 ● 宿題を塾の演習日にやるため宿題忘れで注意されると言う事態が起きない

 

この3つが大きいと思うのです。なお、これらは僕が独りよがりで思っているのでなく、実際に保護者様からもよくお聞きする内容でもあります(入塾アンケートなどにも頻繁に書かれる内容)。

 

少人数だと全員が講師の目の前ですから、そもそも注意することがありません。人数が多いと席の後ろの方とか目の行き届かないなど、注意が必要です。無駄な注意タイムのせいで授業も遅れるし、雰囲気も悪くなるかもしれません。GIFTにはそれがないのがいいと思います。

 

宿題も塾でやるため、やっていない生徒が存在しません。「家でやってこい」とすれば、やってこない生徒がいて注意が入ります。それがないから、この点でも無駄な注意タイムがありません。

 

と言っても、僕らもそんなに甘くないので、普通に授業や演習で檄が飛ぶことも多々ありますが(笑)ただ「生徒がやる気が出る方法」とか「生徒がより自然に集中できるように今までの塾さんと違うスタイル」とかを探って採用していることは生徒のみんなもわかってくれているようです。

 

「ここは確かに意味ないから君らに譲るね、しかし!!!ここは絶対に俺達の言うこと聞いてやってよ!点数上がるから!」

 

と言う方針ですね。

 

具体的な授業のスタイルなど、このHPのクラス紹介などにも書かれています。お子さんが前向きに塾に通えるような指導を心がけているので、そんな塾をお探しのご家庭ありましたら、GIFTに相談ください。