【中学生期末テスト】お子さんが家で勉強しないときの解決方法

期末テスト対策真っ最中のGIFTです。

 

昨日、中学生と話しているときに「家では、なかなか思うようには勉強できませんね〜。」と言う話が出ました。保護者の方からもよく相談される内容です。

 

今日はこの「家で勉強をしない問題」について解決方法を提示したいと思います。

 

お子さんが家で勉強するために一番やってはいけない対処方法は・・・

 

「家でも勉強しなさい!」とガミガミ怒ることは解決にならないので、絶対にやめてください(笑)むしろやる気が激減して、逆効果です。

 

一番簡単な解決方法は「塾でやる」こと

 

家で勉強がやれないなら塾でやればいいと思います。そういう対応をしてくれる塾を探せばいいでしょう。僕の知る限り、演習定着までを塾の時間内で確保してチェックしていく塾は存在します。もちろんGIFTもそうです。GIFTの中学クラスは週3回通塾で、授業、授業、演習です。この演習の日に、普通の塾さんが宿題に出すものを塾で取り組みます。

 

特に期末テスト前は、毎日何時間か勉強するのは当然でしょう。GIFTでは期末テストの2週間近く前から毎日通塾にしています。テスト直前なので、生徒のリアルな心理は

 

 ●「やらないといけないけど、何をやったら効果があるかわからない」

 ●「やらないといけないのに、家では遊んでしまいそう」

 

と言った感じです。だから、対策で毎日やるぞ!と組んであげれば、思った以上にやる気で来てくれますね。

 

よくある誤解:自主性がなくなる

 

塾で全部やってしまうと、家で勉強を自分でできるようにならない。そうすると自主性がなくなると思う人もいます。これは完全な誤解ですね。

 

それでは、すでに家で勉強ができない子に何か課題を出したら、自主的に取り組むのでしょうか?ただただ宿題を出せば、子ども達は自主的に家で勉強に取り組み始めるのでしょうか???無理だと思います。宿題って、形としては家でやるわけですが、ある意味「学校や塾からの強制」でもあるので、そもそも自主性とは真逆のものですからね。

 

塾で正しい方法で取り組めるようになった先に、本当の自主的な勉強(家での勉強も含む)がある

 

「家で自分で勉強をしよう」なんて言うのは、学習スキルや学力がある一定のラインを超さないと、実際は難しいんですよね。子ども達は、ほっておくと、ノートに上から下まで漢字練習や社会語句をまとめて、ハイ、おしまい!とやることも多いです(もちろん、それをテストすると、覚えていない、笑)。例えば、数学の解き方も、答えの解説を見ても理解できない場合もあります。こんな状態で、家で勉強というの非効率ですよね。

 

子ども達も「効果がない」と感じてるからこそ「家で勉強をしていない」とも言えるのです。

 

「覚えてみたら覚えられる」「解いてみたら解ける」と言う状態なら、自分で勉強し始める子も多いですよ。だから、まず塾でしっかりやればいいと思います。それで勉強の内容も、正しい勉強の取り組み方もわかってきて、だんだんやる気も出て、志望高校も決まって、それに向かって、最終、家でも勉強してくれるようになるのが、一番いいですね。これが本当の自主性です。

 

 

と言うことで「家で勉強しない問題」は少し長期的に対策していく必要があると思います。しかし、塾の時間で効果ある学習をすることは、最終的には「家で勉強できるようになること」の近道になると思いますよ。