小学生算数【割合】公式の覚え方(困っている保護者さん参考にどうぞ)

小5の算数で「割合」の単元で、つまづく子が多いようですね。

 

今日は、超簡単割合の式の覚え方を伝授します。お家でも簡単にできますよ。

 

割合の公式を一生忘れない覚え方

 

割合の公式みたいのが一応ありますよね。

 

割合=比べられる量÷元にする量

 

これは、本当に意味わかりません。いや、一部の子は考えて「これが意味的に元だよな」とかわかりますけどもね。小5のほとんどの子がよくわからずに、「〜の」が元とか覚えています(笑)

 

言葉の式を覚えようとするから忘れるのです。

 

今回は「割合は何を何で割るのかを一生忘れない覚え方」を教えます。

 

次の言葉を見てください。

 

10は5の2倍

 

これは誰でもわかりますよね。ここの「2倍」というのが割合です。では、この2を出すために、10とか5でどういう計算します?

 

10÷5=2

 

こうやりますよね。10を5で割っています。日本語に戻ると、「10」の10を「5」の5で割っているんですね。「〜は」を「〜の」で割るということです。だから、何を何で割るか忘れてしまったら、「10は5の2倍」を思い出せば、公式みたいなものは思い出せるというわけです。

 

(例)

10何倍?      → 10÷5=2

赤リボン青リボン何倍? → 赤 ÷ 青 = 割合

 

 

塾ではもう少し踏み込んで教えますけどね

 

本当は、割合の問題って、公式丸暗記ではなく、言葉の意味として「理解」をした方がいいのです。

 

『何を基準としているのか?その基準としたもので割るから、その基準の何倍か(=割合)が求まる』

 

と言った具合ですね。これは、講師との対話の中で確認しながら、いくつか問題も解きながら、きっちり考えていく必要がありますね。GIFTでは、そのような方針で指導をしています。

 

しかし!

 

「意味を考えること」って大変なんです。それが理想なんですけど、それから入ることに固執し続けると、本当に何も理解できずに解けないままになってしまったりします。お子さんによっては、より簡単に公式を覚える方法なんかも教えてあげてもいいのではないかな、と思います。公式を使う中で見えてくるものもありますから。そんな過程でも、GIFTなら、最終的に「意味を考えて」解くようにサポートしていきますよ。