最近、集団授業から転塾してきた子達がGIFTにピッタリな件

GIFTは1:6の少人数授業の塾です。

 

最近、立て続けに集団授業の塾さんから来てくれた何件かのご家庭が、あまりにも同じような理由での転塾だったので、ちょっと紹介したいと思います。

授業中に質問ができない

 

これは本当に多いですね。ただ、たいていの集団授業の塾さんも授業前後に質問を受け付けてると思います。しかし、実際に生徒が質問したいのは「授業で説明を受けているとき」なので、機能していないことも多いです。

 

なお、質問と言うと、勉強につまずいている子がわからなくてするというイメージがありますが、実際には、成績の良い子こそ、たくさんの質問をしてきます。「なぜそれが答えになるのか?」「公式の成り立ち」「解法の発想方法」などなど、深いところを質問してきますね。授業中に、このようなことを誰かが発言して、みんなでちょっとした議論になるときは活気が出ます。これは一番上のクラスでよく見られる光景ですね。

 

宿題が多すぎる

 

なぜか、集団授業の塾さんは大量の宿題を出すことが多いですね。ただ、最近、集団授業の塾さんからGIFTに来た子達は、宿題自体をまったくやりたくないというわけではないようです。過剰に多すぎるとか(意味がないほどの反復とか)、強制感が嫌という感じでした。

 

もっと、こう自分でもこれが必要だとしっかり納得して、内容や量にも納得してやっていきたいという意思を感じましたね。僕も強制よりこの方がいいと思います。

 

学校でも集団授業を受けて、塾でも集団授業で、同じではないか?

 

これは生徒だけでなく、多くの親さんからも声がありました。学校で一斉授業を受けてわからないところがあるのに、また塾に行って同じことをしてもらっても一緒では?という話です。GIFTは集団授業でないのですが、ちょっと集団授業の塾さんのフォローもしておきたいと思います。

 

学校(特に小中学校)と塾では少しばかり最重視するポイントが違います。(一般的にですが)学校はどちらかと言うと生活指導を重視しているかと思います。塾は成績アップですね。だから、集団授業の塾さんは、学校の授業とはまた違ったアプローチや方法で成績アップを目指しています。このため、塾の集団授業は学校とはまた違う効果がある可能性はあります。

 

しかし、やはり人数が多いのは、上で書いたように質問するタイミングがなかったり、一人ひとりが見切れなかったりという課題はありますけどね。僕らはそれで少人数授業にしています。

 

ようするにこんな子達がGIFTに集まってきた

 

● 一方的に受ける授業でなく対話式がいい

● 強制的な大量宿題ではなく演習内容も納得してやりたい

● やるときはやる

 

「あ、うちの子もそうかも?」と思われたら、一度ご相談くださいね!