【保護者様必見】入塾退塾のお金トラブルはこう対処しよう

塾の請求に関して明瞭誠実な塾運営を目指しているGIFT塾長です。

 

毎年この時期(新年度)になると、ご家庭から「塾にまつわるお金の相談」が多くあります。もちろんGIFTについてのことではありません。他塾さんをやめるときのお金トラブルとか、無料体験中のお金トラブルとか、お金にシビアな他塾さんでのトラブル相談です(汗)

 

今回は、本当にあった相談を元に、どうしていけばいいのか?また、これから塾を選ぶご家庭は何を気をつければいいのか?実際に塾を経営している僕から保護者様に向けてアドバイスしたいと思います。

【ケース1】春期講習参加しないのに講習費が返金されない

 

この相談、今年もありました。この時期、これが一番多いです。それで講習までは前の塾さんに仕方なく参加して、4月からGIFTに来てくれる子もいます。今までには「もうお金返って来なくていいからすぐに移ります!!!」という方もみえましたね。

 

この対処方ですが、もう「お金返して」と言うしかないです。「他塾に行くから」と言うと角が立って話もこじれるかもしれませんから「どうしても家の事情で参加できないのですが・・・」と言ってみるのがいいのではないでしょうか?小さな塾さんなら、教材をすでに準備してしまっていて在庫になって困るということもあるかもしれませんから、講習直前で断る場合は「教材だけ買い取りますので」と交渉するのもアリです。

 

【ケース2】無料体験中の激しい入塾営業

 

無料体験で釣っておいて、体験が終わってないのに激しい勧誘をされる話、よくありますね。アドバイスとしては、無視して最後まで無料体験を続けましょう(笑)指導内容はよいなぁと感じているのに「早く入った方がいいですよ」などなど強引な勧誘で逆に嫌になってしまったという話も実際に聞いたことがあります。

 

【ケース3】退塾金がある?

 

実は、この話、今年初めて聞きました。もしかしたら、退塾の何週間前にやめることを伝えないと残りの月の月謝を払わないといけないという話でしょうか?一時期そんな塾さんの話がありましたが、さすがに悪ど過ぎて塾自体がなくなっていきました。まだあるのでしょうか?話を聞くと言うことは、あるのでしょうね・・・。これは入塾後は対処のしようがありません。入塾しないことが大切です。「システムで退塾させにくくしている=内容がダメ」ということですから最初から関わってはいけないのです。ただし宣伝だけはすごく上手いので注意してください。

 

【ケース4】通常授業料以外の諸経費などが高い

 

これもかなり相談受けます。入塾の際に、授業料以外の諸経費がないか、しっかり聞いておきましょう。確認事項は以下です。

 

● 教材費が異常に高くないか?(1冊1,000〜1,500円だと良心的)

● 講習で非常に多くのコマ数を取るよう勧められる(個別指導、特別講座、映像授業等)

● 冷暖房費、更新料、施設費、などなど授業料と教材費以外に必要な費用はないか?(GIFTは設定がないので相場が不明)

 

特に保護者の方に注意して欲しいのは、諸経費などは、退塾が起きそうな時期の少し前に発生することが多いということです。例えば、今の新学期などもそうです。3月になると期末テストも終わり、その結果を踏まえて転塾を考えるご家庭もあります。ですから、その少し前、具体的には2月とかに諸経費(もしくは次の学期の教材費)を請求するんですね。ご家庭も、そこで何かしらの諸経費を1万円でも払うと、なんとなくすぐやめるのがもったいないと思えてきて、次の学期も続けてしまうのです。こうして何となく塾には満足していないけど、何となく続けてしまう・・・こんなこともよくあります。

 

これは、もうどこかで決断するしかありません。損切りしてでも、お子さんに一番合った塾を選ぶべきです。別にそれがGIFTだと言いたいのではありませんよ。GIFTでない場合もたくさんあります(塾は相性があります)。とにかく一時の諸経費で、お子さんに合ってない塾を続ける方が長い目で見たら良くないことです。本当は塾自体が諸経費などを請求しないようになるといいのですけどね。

 

GIFTの場合、入塾金、諸経費は必要ありません

 

GIFTの授業料と教材費はこのHPに掲載しています。これ以外に諸経費はいただいておりません。入塾金もありません。入塾金自体がないから「今なら入塾金がなし!」とかいうキャンペーンもできません(笑)

 

また塾の請求は月終わりです。後払いに近いので、先に請求しておいて返金しないという問題自体がほぼ起きません。それでも、何かのタイミングのズレで授業料設定の後に、事情で講習だけお休みになったり、退塾になったりということはゼロではないので、このときはしっかり返金します。

 

GIFTは入塾金もなければ、退塾時のお金に関する引き止め作戦もありません。一歩間違えば、気軽に入塾してすぐに退塾ができてしまう塾です。だからこそ、純粋に良い指導をして継続してもらうことに全力を捧げます。僕らは、システムで退塾を無理やり防ぐのではなく、生徒やご家庭と信頼関係を築き、自然な形で退塾をなくしていきたいと思って日々指導を行っています。

 

どうでしたでしょうか?塾の費用は安くありません。入塾時(退塾時も)しっかり塾と相談してお金のトラブルにならないよう気をつけましょう。これから塾を選ばれる場合も参考にしてくださいね。