今回の春期講習の新しい試み

category ブログ

春期講習、昨日が最終日でした。

 

生徒の学力アップのために変化を恐れないGIFTですが、今回の講習も大きな変更点がありました。それは「講習でも1:6の授業を実施する」というもの。

 

実は、今までの講習では1クラスの人数を少し増やさせてもらって1:10前後になることが多かったのです。これには2つ理由がありました。

今までの講習が1:6でやれなかった理由2つ

 

     

  1. 完全なる復習内容のため通常授業ほど少人数化しなくても対応できた
  2. 講習で時間がかなり長くなる分1:6ほどの少人数化をすると人件費がかかり過ぎて授業が組めなかった

 

1はともかく、2は塾側の問題なんですよね。しかし、塾運営は人件費との睨めっこなので、理念だけでは解決できません。そこを、今回はかなり工夫を入れて(方法は企業秘密ですが)、講習でも1:6の授業にすることができました。

 

講習でも少人数で授業ができると、やはりこの方がいいですね。特に良かったのは新中1クラス。春期講習の新中1のクラスは、復習でなはなく、新年度の先取りなんです。だからなおさら少人数授業の方がいい。新中1の子達、一生懸命やってくれるんですが、内容がまだ習ってない範囲だから、めちゃくちゃミスをしまくります(笑)

 

ミスの例

 

「数学」

● 計算途中で符号がなくなる

● 式のイコール関係が維持されていない

● 累乗計算後の符号が間違う

 

「英語」

● 最初大文字にしない

● ピリオドや「?」を忘れる

● 英単語間違えてるのに気づかずに◯にする

 

他にもたくさんありますけど、こういうものを確認しては潰していく毎日です。もちろん、みんなが間違うところは授業で教えていくんですけど、それでも間違えたり、さらに今まで見たことのない新種の間違いをしてきたり(笑)しかし、少人数授業にしたことで、このような間違いにもしっかり対応することができました。

 

やはり少人数授業は、全学年的に効果的だった

 

GIFTの生徒達は、成績優秀者もかなり(本質的かつ高度な)質問をしてきますから、少人数クラスの講習は、新中2や新中3の子達にとってもよかったと思います。講習もクラスを細かく分けたので、クラスごとに最適なレベルで指導ができました。

 

さて、これで講習も終わりです。

 

本日4月6日(木)は全校舎休校となります。4月7日(金)より新年度授業の開始です。今回は、講習中に問い合わせをもらって新年度から体験という子が何人もいますので、最初の授業も楽しみですね。それでは、7日から新年度、頑張っていきましょう!

category ブログ